男性

エクオールの検査は済んでいますか?男性に有効的なエクオールの真実

エクオールは女性にも男性にも有効的な物質で、健康面で非常に役立つものです。実はエクオールは人間の身体にあるべき成分で、エクオールを作り出せる人は日本人では約半数います。

エクオールの検査は男性でも受けることが出来ます。自身にエクオールを摂取する必要があるのかを知り、健康面や美容面に役立てましょう。

エクオールの検査を受けたい!

エクオールの検査は最近では珍しいものではありません。美容系のクリニックではエクオールの検査を実施しているところもあります。

ホームページなどで確認出来るので、クリニックに問い合わせをしてみましょう。

検査はどのような流れになるの?

エクオールの検査は事前に予約を入れておく必要があります。行ったその日にすぐエクオールの検査は受けられません。また、美容系のクリニックの場合には予約制になっている所が多いので、事前に流れを聞いておきましょう。

どんな検査をするの?

エクオールの検査は基本的に尿検査だけです。尿検査では尿を採取するだけで終わるので、身構える必要はありませんね。

エクオールは、体内で生成されて尿から排出される仕組みです。自身の尿内にエクオールがあれば、エクオールを作り出せる体質だと言うことが分かるので、尿検査をすることで判明します。

検査の結果はいつ?

エクオールの検査を受けても、結果が分かるのは後日です。当日にはまだ検査の結果は分からないので、検査結果が出る日を教えてもらいましょう。

エクオールの検査はとても簡単なので、男性でも検査を受けると自分の体質について分かりやすいですね。

大豆食品の摂取でエクオールを作り出せる体質に

エクオールを生み出す為には、大豆食品を摂取して腸内環境を整える必要があります。体質的にエクオールを作りにくい人もいるのですが、普段から大豆食品を意識してエクオールを作り出せる体質に変化させましょう。

サプリメントでエクオールを摂取する方法も手軽で便利です。

まとめ

エクオールの検査内容は簡単です。エクオールの検査を実施しているクリニックを予約して自身の身体をチェックしてみましょう。

エクオールは男性でも活用しなきゃ損です!活用前に知りたい副作用

エクオールの効果は女性だけにもたらされるわけではありません。男性にも効果が高い事が判明しています。

女性の場合には更年期障害の軽減や美容などにエクオールは有効的ですが、男性では薄毛や前立腺肥大の予防に期待がかかっています。

そんな嬉しいエクオールですが副作用についてもしっかりと学んでおきたいですね。エクオールの効果と共に副作用に関しても知っておきましょう。

エクオールの仕組みから男性に有効的な理由が分かる!

男性の生殖器官の発達を促す「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンは、過剰分泌により前立腺肥大や薄毛に繋がります。

エクオールは、このジヒドロテストステロンを過剰に分泌されるのを抑える効果が認められています。男性の悩みに沿った働きので、今や女性だけでなく男性からも注目されている成分です。

エクオールはサプリメントです

エクオールはサプリメントで、大豆由来のものです。大豆にアレルギーさえなければ副作用は起こりません。

サプリメントの過剰摂取は身体によくないですが、基本的に副作用はないので安心して継続出来ます。

大豆が不足している男性に効果的です

大豆食品が不足している男性は、大豆不足によってエクオールの量が減ります。エクオールが不足している人の骨密度減少率は上がっていますし、男性の場合は薄毛予防の為にも大豆食品の摂取は欠かせません。

エクオールは、サプリメントで手軽に摂取出来る時代です。サプリメントを継続することで日頃の大豆不足を補うことが出来るので、サプリメント習慣を始めたいですね。

適切な量のエクオールを

エクオールはサプリメントで補う事が出来ます。大豆イソフラボンの推奨摂取量が豆腐1丁(約300g)ですので、それほどの量を摂取することは実際に難しいです。

サプリメントの場合は、用量が決まっているので適切な量のエクオールを体内に送りこむ事が出来て便利です。

まとめ

エクオールはサプリメントなので、副作用の心配はありません。過剰摂取に注意しながら、エクオールの効果を徐々に実感しましょう。

エクオールは男性でも作れる?!エクオールの正しい知識を持とう

エクオールをご存じですか?エクオールは健康を維持出来る成分として注目されています。

また、自らエクオールを作り出せる人がいます。このような人はイソフラボンによる健康効果を生みだすので、更年期障害の症状などを和らげる事が出来ます。

ここではそんなエクオールの神秘に満ちた効果と共に、男性にもエクオールを作り出す事が可能であるかを解いていきましょう。

エクオールを作れる人はどんな人?

人間の大腸には腸内細菌が住み着いています。その腸内細菌の中に、大豆イソフラボンをエクオールに変える「エクオール産生菌」があるのです。

腸内フローラによって、エクオールを作れる人と作れない人を分けることが出来る事が判明しています。

男性でもエクオールは作れるの?

エクオールを自ら作り出せる人は、日本人では約50%くらいだと言われています。

大豆をよく摂取している民族ほどエクオール産生者が多いと言う統計です。もちろん、その中には男性も含まれていますので知らないだけで、実はエクオールの産生者であったと言うこともあるのです。

若い男性はエクオールを作れない?

若い人の食生活を覗いてみると、40代以降の人に比べて腸内細菌のエサになる食物繊維が少ない傾向にあるのでエクオールの産生が難しくなっています。

腸内フローラは幼少期からの積み重ねで形成されていきますので、若いうちから腸内環境が元気になるようなバランスの良い食事を続けいきたいものです。

毎日大豆を摂取していますか?

大豆イソフラボンを摂取している人は、それだけでエクオールの産生率が上がります。エクオール菌に活動してもらう為には、大豆食品が欠かせません。

男性の方は仕事優先などで食事も適当に済ませがちですが、エクオールの産生者になる為には毎日適量の大豆食品を摂取していく必要があるのです。

まとめ

エクオールは、エストロゲン同様の効果を生む為に健康面で役立ちます。男性でもエクオールを作り出せる事が出来るので、食事面などを見直してエクオール菌を活発化させましょう。