エクオールをご存じですか?エクオールは健康を維持出来る成分として注目されています。

また、自らエクオールを作り出せる人がいます。このような人はイソフラボンによる健康効果を生みだすので、更年期障害の症状などを和らげる事が出来ます。

ここではそんなエクオールの神秘に満ちた効果と共に、男性にもエクオールを作り出す事が可能であるかを解いていきましょう。

エクオールを作れる人はどんな人?

人間の大腸には腸内細菌が住み着いています。その腸内細菌の中に、大豆イソフラボンをエクオールに変える「エクオール産生菌」があるのです。

腸内フローラによって、エクオールを作れる人と作れない人を分けることが出来る事が判明しています。

男性でもエクオールは作れるの?

エクオールを自ら作り出せる人は、日本人では約50%くらいだと言われています。

大豆をよく摂取している民族ほどエクオール産生者が多いと言う統計です。もちろん、その中には男性も含まれていますので知らないだけで、実はエクオールの産生者であったと言うこともあるのです。

若い男性はエクオールを作れない?

若い人の食生活を覗いてみると、40代以降の人に比べて腸内細菌のエサになる食物繊維が少ない傾向にあるのでエクオールの産生が難しくなっています。

腸内フローラは幼少期からの積み重ねで形成されていきますので、若いうちから腸内環境が元気になるようなバランスの良い食事を続けいきたいものです。

毎日大豆を摂取していますか?

大豆イソフラボンを摂取している人は、それだけでエクオールの産生率が上がります。エクオール菌に活動してもらう為には、大豆食品が欠かせません。

男性の方は仕事優先などで食事も適当に済ませがちですが、エクオールの産生者になる為には毎日適量の大豆食品を摂取していく必要があるのです。

まとめ

エクオールは、エストロゲン同様の効果を生む為に健康面で役立ちます。男性でもエクオールを作り出せる事が出来るので、食事面などを見直してエクオール菌を活発化させましょう。